去る26日、ブレイドアンドソウルに新しいサーバーがオープンした。 「Unreal Engine 4」 を基盤としたグラフィック リマスターと共に、 既存とは異なる戦闘、及び、成長方式を取り入れた 「フロンティアサーバー」 だ。 ブレソは、現在既存サービスされている 「ライブサーバー」 と、 新たに開かれた 「フロンティアサーバー」 の 2体制で運営されており、 2つの異なるバージョンをプレイする事が可能になっている。 NCsoft がフロンティアサーバーをオープンする前に強調した部分は、 新しいエンジンを基盤にして変化したグラフィックと、 戦闘と成長の手助けとなる、新しいフィールドだった。 ここに、ブレソ初盤の全盛期を代表するポーファランを前に立てて、 「進歩したグラフィックで出会える」 という点を強調した為、 以前ブレソを楽しんだユーザーの中には、初盤のコンテンツに 新しいグラフィックを加えた 「クラシックバージョン」 では無いか? と言う期待感もあった。 しかし、蓋を開けてみたら、フロンティアサーバーは、 ユーザー達が思っていたクラシックとは程遠い物だった。 むしろ、「リネージュM」 にブレソを被せたというレビューが支配的だ。 一言で整理するならば、 「フロンティアサーバーはブレソ モバイル化改変」 だと言える。 実際フロンティアサーバーでゲームを開始してみれば、 かなりモバイルゲーだと思える要素を体感する事ができる。 (Gamemeca

https://bns.mutukina.net/archives/2020/03/04115056.html