●Unreal Engine 4 化はリマスター作業に突入中 ●韓国、1月に 「釣りコンテンツ」 実装 ●新規職業は指揮系列の高難易度となる遠距離ダメージディーラー予定 ブレイドアンドソウルは、去る 2018年 9月にキャラクター覚醒、 そして 12月頭には仙界という大規模アップデートを実装しながら、 新しいコンテンツを追加してきて、常に新しい姿への変化を試みてきた。 この過程において、詳細的には好評となったコンテンツもあり、 そうではないコンテンツもあった。 しかし、まだ道はたくさん続いている。 去る 2018年 5月に公開された開発ロードマップで扱われた、 「Unreal Engine 4 コンポーティング」 や 「門派戦場」 など、 大規模コンテンツが多くの人々の心に残っている状況だ。 それならば、現在のブレイドアンドソウルは何処まで来ていて、 また、どんな風なコンテンツを準備しているのか? 仙界アップデート後から 1ヶ月後、ディレクターとリードプログラマー、 デザインチーム長とお会いして、これからのアップデートの方向性に関して、 詳しくインタビューを行ってみた。 (inven

https://bns.mutukina.net/archives/2019/01/06110950.html