NVIDIA製グラフィックドライバーに複数の脆弱性がある事が発覚し、 修正版のドライバ(バージョン 385.69)が配布されています。 NVIDIA製GPUのカーネルモードドライバーに複数の脆弱性、修正版が公開(窓の杜) 脆弱性の危険度は 「危険」 であり、GeForce 製品のグラフィックカードを 利用している方は、早めにアップデートしておいた方が良いでしょう。 ドライバのアップデートは以下のサイトよりダウンロード可能です。 ご自分が利用している製品を選択して、ドライバをダウンロードして下さい。 NVIDIAドライバダウンロード(NVIDIA) ご自分が GeForce を使っているか分からないという方は、 デスクトップを右クリックして 「NVIDIA コントロールパネル」 という 項目が表示されていたら、GeForce 製品が使われています。 NVIDIA コントロールパネルを開いて、「ヘルプ」 から 「システム情報」 を 参照すれば、現在利用しているグラフィックカードの情報が出ますので、 そちらの製品をメモして、ドライバをダウンロードして下さい。 また、GeForce Experience を利用すれば、自動でアップデートが可能です。 手動でのインストールがよく分からないという方は、こちらを利用すると 良いかと思われます。 GeForce Experience(NVIDIA) ソフトウェアをインストールした後、Experience を起動して、 上にあるドライバ タブからエクスプレス インストールを選択すれば、 最新のドライバが自動でインストールされます。

http://bns.mutukina.net/archives/2017/09/24140930.html