今年の Gstar 期間、筆者は只ならぬ朗報を聞いて驚いた。 それは 「ブレイドアンドソウル」 の部分有料化の情報だ。 一緒にいた同僚記者も予測できなかった為、大きな衝撃を受けた。 大部分課金政策を変えたゲームを見ると、特別な理由があったからだ。 ゲームが死に近付いているとか、そういう感じのだ。 しかし、「ブレソ」 は絶対、これに該当する環境では無かった。 Gstar 期間に釜山で開かれた比武大会決勝には、幾多の人波が殺到し、 ゲーム文化コンテンツの役割を堂々とこなしていたからだ。 (inven

http://bns.mutukina.net/archives/2016/12/15104321.html